シロッコファンとプロペラファン

シロッコファンとは多翼送風機ともいわれ、天井や、壁の中などに取り付けられたドラム型の換気扇のことです。たいして、よく比較されるプロペラファンは、飲食店などについている、プロペラが回っているのが見える換気扇のことです。シロッコファンの方が、騒音が少なく、外からの風の影響を受けにくいと言われています。見た目はプロペラが見えないので、すっきりした印象になります。しかし、プロペラファンよりも構造が複雑なので、掃除がしにくく、価格的にも少し高めになります。また、換気する力はプロペラファンの方が強いです。双方の換気扇の長所、短所を考えて、キッチンのリフォームするときには検討する必要があります。ただし、アイランドキッチンや、排気口をあけることができないマンションなどでは、シロッコファンしか取り付けできません。

シロッコファンを重曹で綺麗にしよう

年末の大掃除などでキッチンの換気扇掃除を行なう際には、中にあるシロッコファンまで綺麗に洗いましょう。取り外してみると意外とたっぷり油汚れが付いています。こびりついた油汚れの場合には重曹を使うのが効果的です。普通の洗剤を使うよりも簡単に綺麗になります。まずは取り外したシッコロファンを漬けおきしましょう。重曹を水に溶かしたものにつけておくと汚れが緩んで落としやすくなります。かなり汚れが激しい場合には、熱いお湯に重曹を溶かしてから漬け込むのがおすすめです。もし漬けておく容器がない場合にはキッチンペーパーに重曹水をたっぷりつけてシップしておくと効果的です。ある程度時間を置いたら、ブラシを使って擦り洗いをしましょう。最後にしっかりとすすげば掃除は完了です。中々落ちない汚れがある場合には漬けおきと擦り洗いを二、三回繰り返しましょう。

シロッコファンを知る

ずいぶん前にインテリアデザインの勉強をしていたときに出てきた用語のなかのひとつにシロッコファン、というものがありました。なんだかかわいい名前だなあ、と感じたものですが、つまりはファン、換気扇の一種なのでした。よくよく考えてみれば自分のマンションのキッチンの換気扇もシロッコファンでした。いわゆる昔ながらの一戸建ての家の壁に取り付けてある扇風機のようなプロペラがくるくる回って外に煙をだす、というものではなくて、主に天井などにつながっていて、そのボックス状のもののなかで換気をしてパイプを通して排気をしてくれる、という装置です。最初に見た時はずいぶん画期的でかっこいいな、と感じましたが今となっては新設のキッチンの換気扇はほとんどこのかたちになっているのではないでしょうか。ひもをひっぱってブルン、と言いながらまわる昔ながらの換気扇が懐かしくもありますが、やはり最新の設備は性能がよく満足出来ます。